30分で爆速化! WordPressの高速化のまとめ

プラグインやサーバーなど高速化にとりくみ、GtmetrixでA判定をもらったので、その備忘録です。

時間にもよりますが、1秒台前半のスピードがでています。

182

スポンサーリンク

プラグインによる高速化

Quickcacheなどキャッシュ系プラグインがシンプルに一番速度があがりました。

だいたい1秒未満なのですが。早くなりました。

プラグインはずしによる高速化

プラグインは便利なのですが、結構、重たいものがあります。

P3 (Plugin Performance Profiler)で重たいものを探してはずす、もしくはソースで作りこみましょう。

サーバーの設定による高速化

WebサーバーをApacheからNginxに変えた所、2秒ほど早くなりました。

これが一番高速化につながったと思います。

また、webサーバーはgzip圧縮が基本ですが、サーバーにより処理が重くなるので

逆に応答速度が遅くなる場合がります。当サイトの場合、あまりかわりませんでした。

テーマの見直しによる高速化

テーマにより重いものがありますので、

Debag BARでチェックしたほうがよいです。

意外に早くなるポイントだったと思います。

DBの設定による高速化

記事が少ないのですが、リビジョンを無効化し、削除したのですが、

あまり早くなりませんでした。

まとめ

早くなったことに貢献したのは、webサーバーをNginxに変更したことでした。

入門者には難しいですが、プラグインをいれても意外に速度が変わらないこともおおいので、

キャッシュ系プラグインとあわせて使えば、爆速化につながるかと思います。

スポンサーリンク

Leave a Reply