WordPressのRSSフィードのURL、RSSフィードはかなり柔軟に対応可能

WPのフィードといえば、下記のurlですが、 http://wp.nyumon.club/feed

実は、さまざまなページで、フィード形式ごとにページが生成されています。

109

スポンサーリンク

WPのフィード形式

フィード形式は RSS (“Rich Site Summary” あるいは “Really Simple Syndication” とも定義される)、 RSS2、 Atom RDF があります。

下記のrssのタイプが実は出力されています。ワードプレスはいたれりつくせりですね。 http://wp.nyumon.club/feed
(rss2がデフォルト)

http://wp.nyumon.club/feed/rss/

http://wp.nyumon.club/feed/rss2/

http://wp.nyumon.club/feed/rdf/

http://wp.nyumon.club/feed/atom/

http://wp.nyumon.club/feed/atom/

フィードのテンプレート

フィードはwp-includesの中にfeed~.phpの形で存在しています。 – feed-atom.php atom形式のfeedテンプレート

  • feed-atom-comments.php – atom形式のcomment-feedテンプレート

-feed-rdf.php rdf形式のfeedテンプレート

*カスタマイズする方法は別の記事で紹介したいと思います。

全ての投稿だけでなく、下記のフィードがフィードの形式にそって表示されます。

フィードのURL一覧

  1. 投稿:投稿のフィード @全てのページ(post_type=postの再審記事)

    http://wp.nyumon.club/feed *上記は、基本的にrss2で配信されます。

    http://wp.nyumon.club/?feed=rss2

    http://wp.nyumon.club/feed/rss2 上記の内容はすべて同じです。

  2. サイトのコメント:コメントのフィード 全てのページが対象 http://wp.nyumon.club/comments/feed/
  3. 各投稿のコメント:投稿ページのコメントのフィード @シングルページ http://wp.nyumon.club/post-name/feed/
  4. カテゴリー:カテゴリーごとのフィード @カテゴリーアーカイブページ

http://wp.nyumon.club/category/テーマ/feed http://wp.nyumon.club/category/テーマ/feed/atom

http://wp.nyumon.club/category/テーマ,gimp/feedといった 複数のカテゴリに対してのフィードも可能のようです。

  1. タグ:タグごとのフィード -タグアーカイブページ http://example.com/tag/tagname/feed
  2. 投稿者(作成者):作成者ごとのフィード 特定の人が書いた記事だけをフィードにできます。

    http://example.com/author/authorname/feed/

  3. 検索結果:検索結果のフィード @検索結果ページ 例 wpで検索し、フィードがrss形式の場合 http://wp.nyumon.club/?s=wp&feed=rss

検索結果にもフィードがあったとは驚きですね。

条件の組み合わせフィードもできます。

http://wp.nyumon.club/feed/?s=wp&cat=-GIMP

*マイナスでカテゴリを除去することができます。

フィードは、上記のurlをたたく以外に、検索エンジン等に読み込ませるためにhead内に出力されています。

まとめ

フィードのURLをオリジナルで作ろうかと思っていたのですが、 カテゴリやタグ及び検索ワードなどかなり柔軟にフィードを生成できることがわかりました。

ワードプレスはすごいです。

スポンサーリンク

Leave a Reply